アルプススノー社編集部

移動旅行の旅行記をつづるブログです。ときどき海外に行きます。

東北

南会津町遊覧のとある日々

2019年6月9日(日) 平成の大合併で4町村(田島町・舘岩村・南郷村・伊南村)合併により誕生した南会津町をめぐる。 福島県大沼郡昭和村から国道401号線を南下し、旧南郷村方面へと向かうところから。 ■藤八の滝 昭和村の大芦地区を過ぎると、国道401号線は…

山形・宮城ジョイフルトレイン巡り(2)

2017年11月12日(日) ■気仙沼9:05→10:57柳津 気仙沼線BRT 気仙沼線のBRTに乗ってみる。訪問記念にオデカを購入。乗客は10名で南気仙沼で大きく入れ替わったぐらいで、あとは小粒な乗客の入れ替わりが続いた。 専用道と一般道を行き来しながら南三陸市を経由…

山形・宮城ジョイフルトレイン巡り(1)

唯一のキハ58系の生き残りであるジョイフルトレイン「Kenji」に乗りに行くための旅、のはずでしたが……… 2017年11月11日(土) ■福島10:02→12:16新庄 とれいゆつばさ 11:15からの回を予約して足湯に入った。 しかし入る時間が制限されている足湯というのは、…

秋田湯沢行路

2017/6/24-25(土・日) 秋田で働いている友人宅を訪問するだけの遠征。 ■東京700→901新潟 上越新幹線 窓側満席のため、1階席通路側に座る。 大宮から越後湯沢までの駅を飛ばす速達タイプ。 売店で買った日経を一通り読んだあと、高崎付近から燕三条まで寝た。…

山形雪中行軍

山形県完乗を目指し、山形鉄道と左沢線に乗る旅です。 計画したのは昨年9月でしたが後回しにし続け、12月の絶好の機会には飲み会の影響で家に帰れず未遂に終わったり、結局半年近く延びてしまいました。 (1)■上野7:18→9:24米沢9:39→9:56赤湯10:47→11:39…

秋風吹きたる津輕路の旅(2)

◆青荷温泉8:30→8:50虹の湖公園9:00→9:32黒石 弘南バス 情報社会から隔絶されブルーライトを全く見なかったせいか、寝覚めはかなりよかった。これから、温泉が楽しみなシーズンになるね、と友人と話す。 虹の湖公園でカープの優勝を知った。 ◆黒石10:50→11:19…

秋風吹きたる津輕路の旅(1)

◆新庄6:30→7:32湯沢 奥羽線普通 6時起床。乗客20名程度の大半が、この後DC号に乗るらしき同業者だった。 湯沢では約500m離れたところにあったセブンイレブンで食糧を買い込んだ。本当は地場スーパーで買うのが醍醐味だが、ビフレは朝早くまだ営業していなか…

只見線と迎える春

せっかくの3連休なので、18きっぷの消化も兼ねて企画したリフレッシュ旅行です。なお上越新幹線は、えきねっとの「トクだ値15」を使用しました。 ●大宮6:34→7:35浦佐7:46→7:55小出 上越新幹線「とき301号」・上越線普通 序盤を新幹線ですっ飛ばすことで、…

いわき行路

3/5 成東12:44→13:12佐倉13:17→13:30成田13:41→14:17香取14:22→14:38鹿島神宮15:20→16:45水戸16:53→18:35いわき 3/6 湯本13:29→15:42東京 【感想】 鹿島線は(千葉県を走る鉄道としては)景色が抜群だが、駅施設の「手を加えることを忘れられている」状態が…

北東北湯ったり紀行(4)<帰路>

午前中を湯めぐりに費やす。 ここから各温泉へは休業中の黒湯や鶴の湯を除き、歩いて行ける。贅沢な時間の使い方。 ■大釜温泉 こういう「至福のひととき」を楽しめる旅行にしていったほうがいい、と思った。 ここでの硫黄臭が一週間ぐらい自分の指先に残った…

北東北湯ったり紀行(3)<乳頭温泉>

◆秋田1022→1111大曲1213→1257田沢湖 大曲駅では待ち時間が1時間ほどあったので、駅周辺で食事処を探すも見当たらず。歩いているうちに吹雪いてきたため、待合室へ戻った。とても新幹線の停まる駅とは思えないほど、駅周辺が空洞化していた。 田沢湖線は新幹…

北東北湯ったり紀行(2)<青森→秋田苦行談>

■新青森6:57→7:03青森 奥羽線普通 この日はストーブ列車と男鹿のなまはげ祭りへ行くことを目的としていた。 しかし天気が想像を超える大荒れ模様で、奥羽本線がダイヤ乱れのうえ、五能線も全く動いていなかったので、五所川原に行く予定を早々とあきらめた。…

北東北湯ったり紀行(1)<龍飛岬>

■上野22:00→8:20青森駅前 パンダ号(弘南バス) 当初はこれに乗る予定ではなかったが、当てにしていた「東北ローカル線パス」が今年は発売されなかったので、急遽乗ることに決めた。 車内は春休みを迎え故郷に帰ると思われる学生が多かった。1人で2座席を…

お忍び只見線訪問

(烏山線編からの続き) ◆会津若松600→[423D]→804会津川口815→[代行バス]→905只見930→[2423D]→1043小出 只見線に乗りたいという欲求は昨年の暮れぐらいから芽生え始めていた。 というのも前回(2008年)、年の瀬に雪景色を期待して来たにもかかわらず、全く雪…

お忍び烏山線訪問

最近溜まった切符をきちんと整理しなければならないと思い、リングファイルを買って収納作業に明け暮れています。 その中でやはり枚数が多いのは圧倒的に青春18きっぷでした。 振り返ってみると私が18きっぷを初めて買ったのは2004年冬季。今まで何枚買って…

巨人・阪神OB戦遠征

東日本大震災復興支援として、2014年11月16日に阪神巨人OB戦が仙台にて行われた。コボスタ宮城(旧宮城球場)に行く機会というのは滅多にないので、これを機に訪れてみることにした。 【往路】 東京848→[やまびこ43号]→1047仙台1151→1155宮城野原 今回はE6系…

陸羽横断の旅(2)

[(1)のつづき・前半は都合により省略] 酒田1430→1830新津1849→1944長岡1957→2114越後湯沢2139→2208高崎2214→2356上野 新津行きは、この道中で最も楽しみにしていた列車である。 庄内地方はご飯がおいしく、田畑と日本海が織り成す風景も一級品。東北のな…

陸羽横断の旅(1)

久々に敢行した18きっぷの旅です。 【1日目旅程】 上野546→729宇都宮737→828黒磯839→958郡山1009→1055福島1100→1216仙台1245→1330小牛田1334→1442鳴子温泉1614→1719新庄1830→1915余目1918→1936酒田 ************************* い…

東日本漫遊紀行(4)<SLニセコ号・帰路>

◇5日目の旅程(9/28)◇ 札幌8:31→12:27蘭越12:32→12:57ニセコ13:57→15:15長万部15:24→15:51洞爺16:03→16:51東室蘭16:54→18:06苫小牧18:20→19:06北広島19:09→19:25札幌 本日のお目当てはSLニセコ号。 案外家族連れが多くて一人客は肩身が狭い。 蘭越までずっと…

東日本漫遊紀行(3)<大間航路・はまなす>

◇4日目の旅程◇(9/27) 大間港14:10→15:40函館港/七重浜16:11→16:21函館17:26→18:34森19:40→20:55函館1:23→6:07札幌 昼過ぎまで大間崎近くを散策。 大間崎は竜飛崎のように断崖があるわけでもなく、思いっきり平地にある。あんまり果てに来たという感じがしな…

東日本漫遊紀行(2)<久慈→大間>

朝7時に三鉄久慈駅の「うに弁当」を買いに行きました。 あまちゃんが放送されるようになってから俄然人気が出たこの駅弁。すぐ売り切れてしまうこともあるとか。 ただこの日は平日だからか、列車に乗る時間になっても売れ残ってました。 こんな日もあるんだ…

東日本漫遊紀行(1)<高崎→久慈>

今回の旅の目的は、 ①就活後に行くと決めていた北海道陸別町の運転体験に行くこと (Lコースをやりたかったのが本音ですがさすがに金がなくなるので、一番安いSコースを体験) ②「北海道普通列車による全路線完乗」という壮大な目標に近づくこと (今回は函…

津軽海峡と最北端への旅 [最終日]

◆青森5:40/6:12→八戸8:20 1524D[48②+40①] 「はまなす」から降りた乗客の9割は「つがる2号」に乗車。 おそらく大半が新青森まで行くのだと思う。 昨日の新夕張から読んでいた文庫一冊を読了。 ◆八戸8:47→盛岡10:57 4524M[IGR7000②] 貨物退避のため、やたら…

津軽海峡と最北端への旅 [第8日]

◆日進7:42→旭川9:24 [4322D→3320D] この2日間で、名寄がいい町だと心から思えた。 ◆旭川9:55→新得13:14 [9631 秋の南富良野ノロッコ号] 金山湖上で徐行する。 ユースの人とついに別れた。 抜海以来、ずっと泊まる場所には話し相手がいて、一人旅といいなが…

津軽海峡と最北端への旅 [第3日]

今日までが青函旅行。 ■青森10:21→蟹田11:18 329M 駅の隣にある蟹田駅前市場「ウェル蟹」で昼食。 ただ蟹田も2時間滞在するような場所ではない。 まあ接続の関係上しょうがないんだけど。 ■蟹田13:41→竜飛海底14:04 4019M ここから海底駅の見学が始まる。 -…

津軽海峡と最北端への旅 [第2日]

■青森港2:00→函館港5:50 青函フェリー1便 なぜか青森の留置線に211系がいた。 今日はこの「あさかぜ21」が宿代わり。 出航から10分足らずで寝てしまい、着岸と同時に起床。北海道に上陸した実感がわかない。 僕のような徒歩客はわずか10人足らずだった。 ■…

津軽海峡と最北端への旅 [第1日]

■村上5:56→酒田8:18 821D 新潟で進行方向を勘違いしたのが祟り、クロスシートをとれなかった。 酒田はおくりびとのロケ地や山居倉庫が有名だが、ほとんど駅から離れているために短時間の観光はできない。 駅は最近そば屋が撤退してしまったらしく、食べると…

津軽海峡と最北端への旅<あらすじ>

2012年8月。 私は懲りずに今年3回目の北海道旅行を敢行しました。 ゴールデンウィークの知床旅行を終えた私はすっかり北海道の魅力に酔っていました。 その余勢でまだ未踏破であった青函・道北地域を近いうちに旅しようと考え、その草案を5月中に完成させて…

東北ローカル線の旅[3](岩手・宮城・山形・福島)

北上から一ノ関へ。 この旅では駅弁ばかり食べているが、この一ノ関駅の駅弁の豊富さには舌を巻く。 いくら新幹線が通っているとはいえ、現代の駅弁事情の中で早朝から7,8種類の駅弁を売れるのは称賛に値するのでは。 そういうわけで、朝飯として「前沢牛め…

東北ローカル線の旅 [2] (秋田)

きょうの午前中は由利高原鉄道に乗り、延々と秋田県を北上し、午後は鷹巣から秋田内陸線に乗って、田沢湖線、奥羽線、北上線と乗り継いでいく。 これだけ乗っていながら、ほぼ一日中秋田県にいることになる。まさに乗り鉄冥利に尽きる。 由利高原鉄道の終点…