アルプススノー社編集部

移動旅行、ときどき海外

関西

奈良御朱印巡りの旅

十連休前半で奈良に行き、修学旅行で回るような著名な寺社をめぐりまくっていた。今回奈良を訪れるにあたって御朱印帳を持ってきた。御朱印のために旅するのは初めて。スタンプラリーのような気分で寺社を巡るのは失礼と思いあまり集めていなかったが、訪問…

近畿旅行記③〈友ヶ島第二章〉

2018/6/4 1年半ぶり2回目の友ヶ島リベンジ。今回は友ヶ島を端から端まで歩きつくすことが目的である。 前回は大荷物を抱えたまま散策に入ってしまい、行けなかった場所もいくつかあったので、すべて取り返したい。 ■山陽姫路→阪神尼崎→難波→和歌山市→加太…友…

近畿旅行記②〈星野仙一記念館・片上鉄道〉

2018/6/3 ■姫路7:31→9:35倉敷→大原美術館→倉敷11:04→11:22岡山 きょう最初の目的地は星野仙一記念館。 上郡までで学生たち半分以上下車。県境区間は18きっぷ期間なら考えられないほど空いていた。これが本来の姿か。 三石から岡山県に入った途端に人の流れが…

近畿旅行記①<京都鉄博・漢字博>

2018/6/1-2 久々の国内の遠出。 1月に石垣に行った直後は、もう当分旅行はいいやと思ったはずだったが、出かけなかったら、それはそれであまりに退屈な日常が続くことになった。 自分の人生は旅から逃れられないようだ。やはり適度な刺激は必要だ。 姫路を宿…

大阪・高松 36時間移動旅行

2017年11月24日(金) この旅行は友人が休暇を取れる見込みだということで韓国・四国旅行を企画したものの、その後予定が合わなくなり計画倒れになり、手元に残った「高松→成田線」の航空券を活用するために、苦肉の策として編み出した1泊2日の旅です。 目的…

関西ミリタリー史跡と甲子園(4)

◆和歌山6:10→8:50王寺 和歌山線 和歌山線を乗りつぶす時は117系にしようと前から決めていた。列車の大半を占める105系に3時間弱乗るのはさすがの私でも耐えられないと思ったからだ。 ただ運用を調べると117系はごくわずかで、「117:105=1:9」ぐらいの割合。…

関西ミリタリー史跡と甲子園(3)

◆天下茶屋6:44→7:14泉佐野7:17→7:49紀ノ川7:58→8:20加太 南海本線・加太線 近畿の鉄道は私の盲点で、いまだに大阪市営地下鉄は全体の1割も乗っていないし、近鉄なんて恐らく5%にも満たないだろう。 空港急行は座れないほど混んでいた。 客層は中韓の人たち…

関西ミリタリー史跡と甲子園(2)

◆二条8:42→10:11東舞鶴 特急まいづる1号 とりあえず舞鶴では大戦が絡む記念館等は全てみたいと思っていたので、わりと距離がある引揚記念館だけをバスで、それ以外はレンタサイクルで行くことにした。 まず引揚記念館である。 ここは第二次世界大戦後の舞鶴…

関西ミリタリー史跡と甲子園(1)

ここ数週間学生時代を上回るほど旅をしすぎており、もはや非日常でもなくなってきている。 この旅は、毎年恒例となりつつある甲子園に行くという目的のためだったが、今や近畿地方に最も未乗路線が点在していることもあって、乗りつぶしと観光を組み合わせた…

近畿8の字回り(3)

▼紀伊勝浦852→858太地 紀伊勝浦938→951太地駅1013→1019くじら館 熊野交通・太地町営バス なんと朝っぱらから、信号故障で特急くろしおが運休。 友人の機転の利いた判断で、並行して走る熊野交通バスで太地へ出ることにした。 こういう事態になった時に一人だ…

近畿8の字回り(2)

▼南四日市9:44→10:06亀山10:10→10:27津10:30→11:06伊勢市 関西線・紀勢線・参宮線 当初は7:54発に乗る予定だったが二日続けて寝坊した。 まあ今日の目的地は伊勢だけなので、しくじったと言う気持ちはあまりない。 接続待ちで津に着くのが若干遅れたが、快速…

近畿8の字回り(1)

今しかできない旅をするのが大事だと常々思っているが、無謀な冒険も今しかできないと思う。 とにかく若さは金では買えないと、社会人になった今、よく言われる。 関西までの移動手段だが、もう東海道を18きっぱーとして普通列車で行き来するのは嫌なので、…

東京→博多1170㌔ 普通列車の旅

「列車の旅がしたい」という友人の要望に応えた企画です。 もともとは広島観光をメインに据える計画でした。 しかし中国地方から安く帰る手段が見当たらず、どうせなら博多まで行っちゃおう、といういい加減な発想でこういう企画になってしまったわけです。 …

南紀旅行 その3

この旅行は湯治の旅といっても過言ではない。 しかし湯の峰では宿に温泉があったので、で有名な「つぼ湯」には入らなかった。 ところでつぼ湯の横の狭い歩道を歩いて行くと、どん詰まりのところに湯峯王子がある。ここも押印帳の地点に入っているが、ずいぶ…

南紀旅行 その2

大門坂から熊野那智大社へ、古道を歩く。 坂道と階段の連続。普段から慢性的に運動不足なのでへとへとになった。 とくに那智大社を目前にして、数十段の階段を目にした時の絶望感は忘れられない。 ただ黙々と古道を歩くのも自分としては面白くないので、紀伊…

南紀旅行 その1

昨年の12月から今年の3月まで、「元気です!和歌山」キャンペーンの一環で「南紀パス」というきっぷが発売されていた。 大阪発で往復特急に乗車でき、田辺・熊野地方の路線バスに3日間乗り放題で6000円という破格値。 関東では全く知られておらず、自分も…